2008年03月08日

広川太一郎さん死去

広川太一郎さんがお亡くなりになったそうです

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20080308008.html

私にとっては、「ラ・セーヌの星」の黒いチュ−リップ=ロベールであこがれの人でした。
ホームズは、劇場版のチャールズとうさんこと柴田p彦さんのほうが好みだったけど、広川さんの味のあるホームズも大好きでした。

謹んでお悔やみ申し上げます。
posted by しき at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

リボンの騎士復活!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000005-maiall-ent

だそうで……。

いやあのね、ン年来のリボンの騎士ファンとしては、ものすごく微妙な心境です……_| ̄|○
やっぱりサファイアは、あの手塚先生の造形で好きなわけで、これってさぁ……。

まあ、アニメ化にでもされれば、アレですが、マンガの時点ではとりあえず静観できるかな?と。
とりあえず、現在ちゃお読者のうちの娘が、なかよしに買い変え出さない事を祈ってます(笑)
posted by しき at 17:54| Comment(8) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

「ヤッターマン」見ました

昨夜放送の平成版「ヤッターマン」みました!

旧作のリアルタイム視聴者であり、ボカンシリーズの中ではヤッターマンをこよなく愛している者としては

オープニングとガンちゃんの声に
_| ̄|○


となった以外は、面白かったし、おおむねよかったと思いました。
やっぱり三悪はすごいと思いました。
あの声だからあの存在感というか、ああ!うまく言葉が思いつかないんですが、私的には三悪のシーンは安心して見られるし、やっぱり面白いと思います。

対するヤッターマンサイドですが……。
う〜ん、アイちゃん、オモッチャマはよかったんですが、ガンちゃんの声……。
やっぱりねぇ、旧作の太田淑子さんの声がこびりついているから、どうしても違和感を感じてしまいます。
だからってあのガンちゃんがダメってことはないんですが、アイちゃんが全然違和感を感じさせないから余計に……。
せめて、太田さんの声に近い女性声優さんじゃダメだったんでしょうか?
高校生設定ならしんどいかもしれないけど、中学生なら女性声優さんでもいいんじゃなかったのかなぁと思うんですけどねぇ?

てなことを、CMの合間にベラベラと訴えてたら、家族から

「マニアックな話題には付き合えない!」

と言われちゃいましたよ(笑)

まあ、個人的に納得できない部分はあれども「もう見ねぇよ!」というほどのものでもなかったので、今後どのように展開していくか、見続けていきたいと思ってます。
posted by しき at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

ヤッターマン実写化

「ヤッターマン」が実写化するそうで……

以下参照

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000004-maia-ent

正直リアルタイム視聴者としては、複雑な気持ちです。
まあ、小学生のはずのガンちゃん、アイちゃんが10代、もしくは20代ぐらいに成長してしまうのは致し方ないとして、


誰がドロンボー役をするねん!

と声を出して言いたい!!(笑)

たぶんさ、トンズラー役は格闘系の人がやるんじゃない?
でボヤッキーはお笑い系とかでさ。
けどね、肝心のドロンジョ様の、色っぽさ、かわいらしさを表現できる女優がいるのか!!
ああ、杉本彩とかならまだいけるかも……(笑)

でも、ヤッターマンのおもしろさはアニメだからだと思うんですけどねぇ?
どうなることやら。
次なる情報を待ってみたいと思います。
posted by しき at 19:49| Comment(6) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

執事カフェ・セバスチャン再訪

1月14日
遠方からいらしたお知り合いと一緒に、大阪・京橋の執事カフェ、セバスチャンに再び行ってまいりました。
初めての来訪の感想はこちら

前回、「よかった!」という感想をもてなかったこちらのお店ですが、今回はちょっといろいろあって、不満が爆発してしまいました。
まず、数人で行く事になっていたので、椅子席よりはソファ席のほうがいいだろうと思って、予約したのですが……。
予約が重なったとかで、結局椅子席に通されたんですね。
で、これにまずカチンとなってしまって……。
そもそも予約した時の電話がねぇ、すごくいい加減というか、おざなりというかそんな印象だったんですよ。
で、ちゃんと予約を受け付けてくれたかちょっと心配だったので、2,3日前に確認の電話を入れたんですが、この時の対応が「はぁ?確認。はいはいそれで?」って感じで……。
ソファ席は出来ればあらかじめ予約して欲しいって以前言われたので、今回予約したわけですよ。
で、確認の電話までして、おざなりな対応されてそれで椅子席だったんです。
これでも怒っちゃダメですか?(笑)

で、まあ細かいこともいろいろあって全部書いてるとイチャモンになるので控えますが、オーダーして私は今回はミルクティーを注文したわけなんですが……。
ミルクをいれたせいかものすごくぬるいんです、お茶が。
よそのblogでみたところ、どうやらお湯はやかんではなく電気ポットで沸かしていらっしゃるらしいですよね。
でも、私の紅茶好きの師匠でもあるHも、お茶会の時には電気ポットで沸かしたお湯を使ってましたが、ミルクを入れてもあんなにぬるくはならなかったんですが?
紅茶は100℃の沸騰したお湯で、さめないような工夫をしていれてほしいなと思いました。
後、前回あった茶葉の説明が一切なかったのはなんででしょうか?

またお菓子は前回、スコーンで懲りたので(笑)今回はチョコレートケーキを注文したのですが……。
あのう、スコーン同様、さめると硬くなるチョコレートケーキってどうなんでしょ?
一応ここって、「英国風」が売りではなかったでしょうか?
だとしたら、硬くなるケーキやスコーンは「英国風」なのでしょうか?
私、他の紅茶専門店で、スコーンもヴィクトリアン風チョコレートケーキも食べたことありますが、硬くなるスコーンやケーキはここが初めてでした(笑)

まあ、そんなことで、いろいろ、ほっんとにいろいろ思うことは多々あったんのですが、一時間ほどおしゃべりしてお店を後にしました。
その後、最寄り駅そばのショッピングセンターのケーキ屋さんに立ち寄ったのですが、そこののロイヤルミルクティーがとても熱くておいしかったです(笑)

今回、もう一度行ってみて思ったことは、このお店のコンセプトと、私がこのblogで「あったらいいのに……」と呟いて思い描いた執事カフェのコンセプトは全然違うものなんだなぁということでした。
なんとなく、
「もしかして、このお店では予約しても予約した事にはならないの?」とか
「京都のお茶屋さんみたいに、実は一見さんお断りで、だから常連じゃない客には愛想が悪いの」とか
「執事は好みのお客に愛想がいいけど、そうじゃない客は無視するの?あっ、もしかして私執事に嫌われているの?」
などと思ったりしたのですが、それはたぶん私がこのお店の暗黙の了解とか、コンセプトが納得できないからだと悟りました。

東京のスワロは、まだ私が思い描く執事カフェのコンセプトに近いとは思うのですが、今の状況を聞くにつれ、「どうかなぁ?」とも思って……。

たぶん、セバスチャンにはなにかよっぽどな事情が出来ないかぎり、もう二度と行かないと思います。
そして、一度スワロに行ってみないことにはわかりませんが、自分が思い描く執事カフェは、当たり前の事なんですが、やはり妄想の中にしかないのだなぁと、改めて思いました。

今、女性向けのコンセプトカフェがいろいろ誕生しようとしていますが、もちろん機会があれば行ってみたいと思いますし、その時はいろいろ期待せずに白紙の状態で行ってみようと思っています。
posted by しき at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

制服少年とメガネ

え〜、当blogでは何度も話題にしております「執事カフェ」
その執事カフェを発案、企画し、実際にたちあげた小池様が、新しい企画を立ち上げられたと知ってblogにお邪魔しました。
その名も「ギムナジウム・カフェ」
「ギムナジウム?なんじゃそりゃぁ?」という方は、どうぞ小池様のblogの説明をお読みになってくださいね。

私個人は、制服少年なら11〜15歳ぐらいが萌えツボなので(笑)そういう年齢の少年たちがあつまっているのなら、もう全然OKなのですが、まさかさすがにそれは無理ですよね?
でも制服少年は嫌いではないので、オープンされたらぜひ行ってみたいなぁと思っています。

そしてもう一つ。
「ギムナジウム・カフェ」絡みで、また別のコンセプトカフェの企画blogを見つけました。

それがこちらの「メガネスーツカフェLove-allへようこそ」さん
実は私、メガネ男子にすっごく弱いんですよね(笑)
メガネかけてる、それだけでもう好みだったりします。
なので、この企画に興味津々ですよ。
でもって、実は制服にも弱いんですよね。
学校の制服はもちろん、警察官、パイロット、海上保安官、自衛官etc……。
制服着ている男性は、それだけで3割り増し格好良くみえたりします。

なので、「制服カフェ」っていうのはできないものでしょうか?
もちろん本物の制服は無理でしょうが、似たようなデザインの制服を、きっちり着こなした従業員さんのいるカフェ。
うわっ!散財してでも通いそう(笑)

後ふっと「王子様カフェ」なんてものが浮かんだのですが……。
マントを翻す王子様ルックの従業員さんって?
いや、ただの妄想です(笑)
聞き流してやってください。
posted by しき at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

大阪の執事カフェ?

す、すみません。
まだ旅の途中なんですが、先ほど「ちちんぷいぷい」を見ていて、びっくりする情報を知ったので、一端戻ってきました(笑)
このエントリをあげたら、また旅にもどりますので、コメントレスは帰り次第ということで、

さてさて、お姉さまお聞きになりまして?
アタクシのblogでは度々ご紹介しています、「執事喫茶(カフェ)」ネタ。
日本初の執事喫茶「スワロテイル」は、開店前からこのblogでも度々話題にしてましたけど、未だ予約が取れず、なかなか帰宅できませんでしょ?

でもその執事喫茶(カフェ)が大阪にも出来たんですってよ?

執事Cafe&Bar・セバスチャン

確かに「スワロテイル」が開店前、某所でそのようなお話を伺ったことがありますけれど、それなのかしら?
ただ、執事が若い方ばかりだということと、テレビで見た限り、内装がちょっと……で、それがアレかしら?

でもいかがお姉さま?大阪にいらっしゃった折りには行ってみませんこと?
てか、本家というか元祖である「スワロテイル」にもまだ帰宅できていないのにねぇ?(笑)

とりあえず偵察がてら、一度いってみようかなと思っています。
posted by しき at 17:14| Comment(3) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

えっ〜〜〜!!

どこに書こうかと迷ったけど、とりあえずここに。

私が大好きな「リボンの騎士」のサファイア役とか「ジャングル大帝」のレオとか「ヤッターマン」のガンちゃんとか、「ドラえもん」のせわし役なんかで知られている、声優の太田淑子さん。

宝塚(歌劇団)出身ですって!?

宝塚歌劇について、ちょこっと調べていたら、そのように明記されているサイトを見つけてちょっとびっくりしました。
宝塚出身の声優さんって、何人もいらっしゃったんですね。

宝塚に影響をうけた「リボンの騎士」を宝塚出身の太田さんが吹き替えされてっていうのも、なにか特別な縁があったように思います。

posted by しき at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ドラマ「のだめカンタービレ」

さきほど、予告編をみたのですが……。

わ、わたし、ちょっとドラマは好みじゃないかもしれない……。

だって……。



あたしの千秋さまかえせぇ〜〜〜〜〜!!!!
posted by しき at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

水金地火木土天海冥

今話題になっている大陽系の惑星の問題ですが……。
冥王星が、惑星から除外されることになってしまいましたね。
冥王星が惑星じゃなくなったら、セーラームーンはどうなるんだろう?などと、ついオタク的な発想をしてしまいましたが……(笑)

でそれとは別に、ネットでこの話題を検索しているとき、ちょっと疑問に感じた事がありまして。
以下真面目な話ではなく、アニメオタク的な話題になるので、それでもOKな方のみ、ごらんください(笑)







続きを読む
posted by しき at 18:00| Comment(6) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

眼福

本日のトリビアでの「トリビアの種」
「工事現場のお詫びの看板のキャラを吹き替えたらどんな声になるか」
というような内容でしたが、声優オタにとっては、夢のような企画でしたね。。
だってだって!
オーディションでは愛しの井上和彦さんはもちろん、古川俊夫さんやら、松野大紀くん、草尾毅さん、ベテランの玄田哲章さんや緒方賢一さんなんかのお姿が拝見できたんですもん。
もうワクワクものでした(笑)

そして、画面には登場されていなかったけど、千葉繁さんや、水島裕さんも、オーディションに参加されていたのではなかったでしょうか?
(間違っていたら、申し訳ありません。だって、私の覚えている声優さんのお姿って、20年前のものですもの←殴!)

声は結局、堀口賢雄さんに決まりましたが、個人的には「そうかなぁ?」っていう感じでしたね。
いやまぁ、素人が思うのと、プロが選ぶのでは全然違うのでしょうが……。

出来ればオーディションに集まった25人の声優さん。
全員見せて欲しかった、本日のトリビアでした。
posted by しき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

講談社「VoCE」盗撮問題

うちのblogの検索ワードの第1位はぶっちぎりで「執事喫茶」でして……。
検索して来られている方の中には、この問題について感心を持っておられている方もいらっしゃると思いますので、ちょこっと触れてみたいと思います。

とりあえず、「VoCE」を立ち読みしてきましたが、問題の記事の内容は、プチセレブだとかを気取ってるパンピーが、コミケ真っ最中のビッグサイトの真ん中で、「きんも〜〜〜〜☆」と叫んだって感じだなと思いました。

だけど、あの写真を撮られて無断で掲載された方の立場になってみるとねぇ……。
あれが自分だったらと思うと、正直めちゃくちゃ怖くなったし、たぶんパニック起こしていただろうなと思いますからね。
「な、なんで!なんで私の写真が撮られているの!?」って。
そのうえ、チープだなんだって書かれるなんて……。
しかもそれはお店からの許可の得てない撮影、掲載で、編集部の対応もアレなんですから、マジで訴えること考えると思います。

なお、今回のこの問題について、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

Hagex-day.info

今後も、この問題に関しては、ずっと感心を持っていたいと思っています。
posted by しき at 19:02| Comment(0) | TrackBack(1) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

和田光司さん京都ライブ

大好きなアニメの主題歌を歌っていらっしゃった、和田光司さんのライブが、7月に京都であると、ご本人のblogで知りました。
そして、和田さん自身が京都のご出身でもあることを改めて知った次第です。

数年前、東京で会ったライブは涙をのんだから、今回は正直行きたい!どうしても行きたい!!
でも、めっちゃくちゃ忙しい時期でもあるし、なによりも若い子に混じって聞きに行くのは、どうも気がひけて……(苦笑)
これが聖飢魔Uとか、谷山浩子さんなら、全然平気なんですけどね。

だけど、こんな機会滅多ないかもしれないから、頑張っていこうかな?と思っています。
posted by しき at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

アニメ「NANA」

アニメの「NANA」の放送、昨日だったんですね。
大崎ナナ役を朴ろ美さんが演じられると聞いたので、ちょっとみてようかな?と思っていたんですが、曜日をすっかり間違えてましたよ(苦笑)
朴さんのナナ、不満だという声もきいたのですが、どうなんでしょ?
とりあえず来週はちゃんとみてみたいと思ってます。
だけど、このアニメの「NANA」。
先にアニメ化された同じ矢沢あいさん原作の「パラダイス・キス」に比べて、制作側の力のいれ具合が、ものすごく違っているように思えたのは私だけでしょうか?

だって、監督は浅香守生さんだし、作画は(公式見た限りでは)きれいだし、キャストは経験豊富な声優さんばかりだし……。

やっぱりこれも人気の違い?

「NANA」と「パラダイス・キス」を比べたら、私は「パラダイス・キス」のほうが好きなので、正直臍を噛んでます(笑)
posted by しき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ジブリのアテレコ

たった今、関西ローカルの朝の番組で、「ブレイブストーリー」のアテレコについての話題をやっていたのですが……。
そこでコメンテーターの某タレントさんが「宮崎駿さんは(絵に合わせるのではなく)声に合わせて絵を描いてる」と発言されたのですが……。

それなら(俳優使っても)、

お尻がむずむずしない、

もっと落ち着いて観られる

映像にしやがれ!!


と朝っぱらから叫んでしまいました。

だって、ハウル……。
え〜ん、ゲド……。

posted by しき at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

おたくの定義

本日、関西圏ローカルのテレビ番組で「現代のおたく事情」なる事を紹介されていました。
で、「おたく」とは何かということが説明されていたのですが、その番組では

「おたく」とは虚構のキャラクタに性的思い入れがある人。

と紹介されていました。
そして
そんな自分がちょっと恥ずかしいと思う「自分を卑下する思い」が含まれた言葉が「萌え」

なんだそうです。

「ええ〜っ!!それってなんか違う!」と思っていたら、某所でも同じように感じた方がいて
「性的というより、虚構のキャラクターに恋愛感情的な思い入れがある場合じゃないか?」という意見があって、私もそれに深く納得したわけなのですが……。

で、自分自身を振り返ってみれば、虚構=二次元のキャラクターとするならば、性的な思い入れはもちろんのこと、恋愛感情的なものも抱いたことってあんまりないんですよね。
二次元のキャラクターに抱く感情は、共感とかあこがれみたいな気持のほうが多いように思います。
だけど、俳優さんやミュージシャンのような実在の人物とか、ドラマの登場人物のように、虚構ではあるけれど、生身の人間が演じているキャラクターには、恋愛感情的なものは抱きやすいんです。

こんな私はオタクじゃないんでしょうか?
いい年してアニメとかマンガにキャーキャーいうだけなら、オタクじゃないって言い切っていいんですか?
posted by しき at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ブラックジャック「Karte:55 命のプラットホーム」

本日放送のブラックジャック。
ぼぉ〜と見ていたら今日のお話のヒロイン花村和恵嬢、私のだぁ〜いすきな「リボンの騎士」のサファイヤ(の顔の造作したキャラ)じゃないですか!?
そこで思わず画面にかぶりついてしまいました。
でもって、彼女が倒れた駅が「銀国(ぎんのくに)」って完璧狙ってるんですか?
おもわず「シルバーランドかよ!」と画面に突っ込んでました(笑)
しかも和恵嬢の夫、登駒士郎さんもなんとなく「双子の騎士」に出てきた大人フランツっぽいし。あれでひげがあれば完璧フランツじゃないかと思いました。
あっ、だけどこれ、ちゃんと原作にあるストーリーだということですが、原作でも和恵嬢はサファイヤ顔なんでしょうか?でもって、「銀国駅」や登駒士郎さんも原作通りなんでしょうか?
それなら納得!だったりするんですけどねぇ。

そして、私的には驚くべきことはそれだけじゃなかったんですよね。
和恵さんの声に、妙に聞き覚えがあったので、誰だろうとEDを凝視していたら、
花村和恵:荘真由美とあったのでああ、そうかと頷いていたら……。
登駒士郎:井上和彦って……!!

「美味しんぼ」かよ

って思わず叫んでました(笑)
(注:井上和彦さんと荘真由美さんは、アニメの「美味しんぼ」でそれぞれ山岡士郎役、栗田ゆう子役を務められた声優さんです)

いやぁ、今回BJ。
違った視線で大いに楽しんでしまいました(笑)









で、それに便乗した個人的私情はいりまくりな内輪ネタはこちら
posted by しき at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おたっきーなつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。