2012年09月18日

「銀河英雄伝説@タカラヅカ』見てきました

tg1.jpg

ご無沙汰してます。
って、最近は毎回そんな挨拶で始めていて申しわけない限りです。

tg2.jpg

そんなことで本日、宝塚歌劇版銀河英雄伝説、「銀河英雄伝説@タカラヅカ」を見てきましたので、その感想をば。

そうですね。
今日の舞台、私はなんと左端の最前列という、ある意味ものすごい席での鑑賞だったわけなんですが、実にタカラヅカらしい、華やかで艶やかな舞台ではなかったかと思います。
しかもタカラヅカらしくラブ注入1000%といった感じで、あの銀英伝にラブロマンス要素が含められて、その面からいえば、原作を大きく変えてはいましたが、私個人は面白く拝見いたしました。

詳しい感想は、原作ファンによるネタバレ全開な内容となるので、一端たたみます。









え〜、私は、演劇に関して詳しいわけではありませんし、タカラヅカの舞台も数多くみているわけではないので、あくまでも個人的な主観からの感想ですが……。

正直、キティ制作版より面白かったなぁというのが、素直な感想ですね。
とはいえ、私はキティ版の銀河帝国編はDVDでしかみていないので、ライブでみたタカラヅカ版と比較できるものではないと思いますが、同じくライブでみた同盟編よりも、舞台的なおもしろさ、舞台的な演出はタカラヅカ版のほうが、勝っていたように感じました。
もちろん、原作への忠実さを考えればキティ版のほうに軍配があがると思います。
今回のタカラヅカ版、ラブロマンス要素を入れるためにか、ヒルダは「長い髪にドレスをまとった”乙女”」として登場しているんですよね。
原作やアニメでのあの「少年のような」凛々しい彼女ではなかったこと。
押しかけ女房よろしくラインハルトの秘書官になったことや提督たちもうなる智謀を持ち合わせているようには見えないなど、彼女に関する改変は、少し残念には思いましたが、個人的にはこういう乙女なヒルダもあり得るかな?とよく妄想していた事もあり、ちょっと違和感を覚えましたが、がっかりするようなものでもなかったです。
また、アニメやキティ版で取り入れられていた「原作そのままの、話し言葉としては難解なセリフ」がまったくなく、それは個人的にはよかったかな?と思いました。
だってあれ、アニメの場合はなんとか聞き取れましたけど、キティ版では何言ってるのかわからない事が度々ありましたからね。
そして舞台では演出上、わかりずらい「宇宙艦隊戦」の場面よりも、宮廷陰謀劇の面を強く押し出していたのは、見ていてもわかりやすく、タカラヅカ的で面白かったと思います。
やっぱり帝国の衣装は豪華で華やかで素敵でしたからねぇ。
そうそう、懸念だった同盟の制服ですが……。
あのなにか変な装飾がついたものではなく、普通の(現実にどこかの国でありそうな)軍服になってました!
また、歌って踊るヤン・ウェンリーも、原作やアニメとはベツモノの、タカラヅカのヤン・ウェンリーならこうだろうな、と思えるキャラクターになっていたと思います。

とにかく、ラインハルトを主軸にした物語ではあるけれど、同盟とヤンの事情が描かれ、そして狂言回し?ナレーター?よろしく、ルビンスキーとドミニクが物語の説明をしてくれるので、原作を知らない人にもわかりやすかったのではないかなぁと思います。

まあ、ユリアンが少年というよりも、少女に見えてしまって、私服のときはいいけど、軍属になって制服を着た途端、誰だかわからなくなってしまったことや、キルヒアイスが少年っぽくて、「赤毛のノッポさん」には見えないことなど、残念な部分が他にもありましたが「ベツモノ」魔法がよく効いたのか、気になるほどでもなかったですね。
「銀英伝」に、「タカラヅカ」というスパイスを振りかけたらこうなるだろうと、予想していた通りの舞台だったので、私は3時間十分に、楽しませてもらいました。
あくまでも、原作やアニメと「ベツモノ」だと理解して鑑賞するなら、良い舞台ではないでしょうか?
私個人にとっては、機会があればもう一度見たいなぁと思わせるものでした。

ああそうだ。
タカラヅカの舞台ではおなじみのフィナーレ(トップスターさんが羽しょって大階段をおりくるやつ)では、出演者が手にもっていた小道具が、なんと「黄金の獅子」のだったんですよねぇ。
そういう細かいところも、楽しませていただきました。

【9月19日追記】
ユリアン役の伶美うららさん、なんと娘役さんだそうで……。
宝塚ではローティンの少年の役は娘役さんが演じることが多いのでしょうか?
う〜ん、正直もうちょっと少年っぽく演じていただきたかったなぁと思いました。
(走り方とか完全に女の子だったんですもの)
後、パンフレットに11月にDVDが発売されると書いてありました。
たぶん買うと思います(笑)
posted by しき at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 大好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜。期待半分不安半分で臨みたいと思います。
といっても随分先なんですけど、見に行くの(苦笑)。
Posted by エクスカリバー at 2012年09月19日 00:33
原作ファンには他にも「オイ!」と突っ込みたくなる改変部分がありますので、「ベツモノ」だと充分理解して、ごらんになるのがよいかと思います(笑)
Posted by しき at 2012年09月19日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック