2012年08月15日

「おおかみこどもの雨と雪」

ご無沙汰しております。
って、なんか更新するたんびに、そう挨拶してばっかりのようにも思いますが(笑)
まあこのblogは日記ブログではないし、きまぐれ更新ブログなので、今後もこんな感じで思い出したよう名更新になるかと思いますが、よろしくお願いします。

さて、タイトル通り、細田守監督の最新作「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。
そうですね。
私個人は、吹き替えが既存の声優さんじゃないこと。
ヒロインが、一人で子供を育て上げるような女性に見えないこと
がひっかかって、見に行こうかどうかさんざん悩んだのですが、映画自体は悪くなかったと思いました。
やっぱり映像は綺麗でしたしね。

でも……


正直、やっぱりヒロイン花の「子育て奮闘記」が、部分によっては嘘くさくて、それが気になって映画にのめり込めませんでした。。
特に、田舎に引っ越してからのあの肝っ玉ぶりには、正直ちょっと納得できなくて……。
いや、都会で生活していた女性が、子供抱えながら、いきなり雨漏りの修理やら、家のリフォームなんかの大工仕事、畑仕事をあそこまで出来るのかな?と。
うんまあ、生きるために、切羽詰まったからなんでも出来るようになったというのもわからないでもないのですが、それにしても一度も病気になることも、倒れて寝込むようなこともないなんて、ちょっとスーパーマッチョ肝っ玉かあさんすぎるなぁと……。
後、雪の中でパジャマ一枚は、寒すぎっ!って思いました(笑)

とまあ、そういう細かい部分、特に花の「母」としての行動等で、個人的には「?」と思える部分があり、そこがかなり納得出来なかったのですが、子どもたちの成長と、そして彼らが最終的に選びとった道にはやはり感動しました。

基本的には、「時をかける少女」とも「サマーウォーズ」とも全然異なる物語だけど、独特の味わいがあって、前作2作よりは、個人的にはいいなとは思いました。

声で出演なさっている俳優さんたちも、思っていたよりは悪くなかったですしね。
特に雪役の大野百花ちゃん、ものすごく上手でした。

ああ、後余談なんですが、花が雪を身ごもった時?のエピソード、先に見に行かれたかたのコメントを読んで、なぜか「青○で獣○」だと思い込んでしまったのは、ここだけの話(笑)
それから、もっとモフモフなオオカミとか、ケモがみたかったかなぁと。
モフモフだったのが先生とラストの雨ぐらいなのは、正直寂しかったです(笑)
posted by しき at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | こんな映画みました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もあれこれ突っ込みどころだらけでしたが、
台詞にならない微妙なニュアンスを、画面上のちょっとした演出で、
上手に伝えているところとかが良いなって思うのです。
ジブリが出来ていない事を、この監督なら出来るんだなと。

まあやはり男性の視点から見た、理想の母性ではありますが(^^;
でも男性はこんなかたちの憧憬をもって母性を捉えているのかと、
感じさせてくれる作品でもあったのです。

…でも花ちゃんは絶対山岳部出身に違いないw


Posted by SHURI at 2012年08月15日 19:17
SHURIさん、コメントありがとうございます。
そうですね、突っ込みどころはあれど、映像での表現、見せ方はとてもよかったと思いますし、それが突っ込みどころをカバーしていたようにも思います。
そうそう。
確かに男性視点の理想の母性ですよねぇ。
でも、現実は違うってことは理解していて欲しいなぁとちょっと思いました(笑)
Posted by しき at 2012年08月16日 21:51
始めましてミントです。
私も突っ込みながら観ました。
夫の死亡届けはどうしたのか?貯金で暮らしてたって?貯金はどれくらい?
出産も自宅で…よくぞ母子無事だと。
昔は自宅出産が当たり前だったようで。
子供達は幼くてそのせいでコントロール出来ないのか、しょっちゅうオオカミに変身。
普通なら共倒れの悲劇ですね。
オオカミに変身する子供を街中で育てるのが難しくなって、山奥へ引っ越し。
家のリフォームは彼女一人で? 雨がオオカミの道を選んだ
でもまだ義務教育期間中。
それも突っ込みながら観ました。
でも、親に虐げられ愛を知らない、人を愛せるのか?
子供を愛せるのか?
そう思ってた人がこの映画を観て感動して、人を愛せる自信が親になれる自信
も持てたと言う感想も。
それを考えたらこの映画持てた意味があったと言う事になりますね。
Posted by ミント at 2013年10月06日 15:30
ミントさん、コメントありがとうございました。
なるほど、なるほど。
確かに、ツッコミどころはあれど、そういう面もふくめて良い映画だったのではないでしょうか?この映画。
ひさしぶりに見直したくなりました(笑)
Posted by しき at 2013年10月09日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。