2012年05月23日

「人形の家」

小学校2年生のときでした。
クラスメイトが下記↓のような表紙見開きの本を読んでいたんですね。

SH3B0128.jpg

当時、お人形遊びがまだまだ大好きだった私は、描かれたドールハウスにたまらなく興味がひかれ、「何それ!どんな本?」とクラスメイトに尋ねたところ、この本のことを教えてもらったのでした。



その後、クラスメイトに続いて図書室で借りて読んで以来、「人形の家」は私にとっては大好きな、大切な物語のひとつとなったわけなんですが、大人になってから我が子に読んで欲しいと思って購入したところ、現在出ている岩波少年文庫版では、上記のドールハウスの中の様子を描いた挿絵は掲載されていないんですよね。
なのでずっと、上記の挿絵が掲載された懐かしいハードカバー版を探していたのですが、先日たまたま覗いた古書店で発見!!
勢いで買ってしまいました(笑)
今読み返しても、ホントに素敵な、心痛む優しい物語だなぁと思います。
でも今の子には受けないんですよねぇ。
出来れば少年文庫版にも、上記のドールハウスの内部を描いた挿絵をつけてほしいですね。
そしたら少しは、興味を持って読む子どもも増えるんじゃないのかなぁって、思うんですが……。


posted by しき at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大好き!ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271243471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック