2011年04月27日

映画「阪急電車」

↓で原作を読んで、あまりにも面白かったので、その勢いで関西では先行上映されいる映画「阪急電車」をレディースディを利用して見てきました。

いやぁ、映画は映画でよかったですよ。
原作のストーリーは大きく変えず、でも良い方にアレンジしてあって、映像的に良い見せ方だなぁと思いました。

後、やっぱり映像化されたことで、心情的にも文章で読むよりグっときましたね。
特にミサのエピソードは、映画のほうがより感じるものがありました。
それとやっぱり、翔子の白いドレスも……。

それからこの映画、物語上の設定が10月と3月なんですが、撮影は12月からだったんですよね。
でも車内には、毎年10月に開催されている阪急百貨店での英国フェアの吊り広告がちゃんとある!!
この辺り、仕事が細かいなぁと思いました。

個人的には小説の映像作品としては、とてもベストな納得できる作品となっていると思います。
もう一回見に行ってもいいなぁ。
DVD出たら欲しいなぁなんて思っちゃいましたもの。

そして、なんとなくひさしぶりに阪急電車にも乗りたくなってしまいました(笑)
posted by しき at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな映画みました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198017720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック