2009年08月24日

サマーウォーズ

映画「サマーウォーズ」公式サイト

以前こちらのエントリで、「観にいくの忘れないようにしなきゃ」と呟いていた映画「サマーウォーズ」
今日、やっととこさでなんとか観にいくことが出来ました!

物語は……

高校2年生の小磯健二は、あこがれの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。
そのアルバイトとは、長野の彼女の田舎で、恋人のふりをしてくれというもの。
ところが健二はアルバイトの内容も深く知らずに、夏希と共に長野へ赴く。
そこは、大家族が集う、室町時代から続く由緒ある武家、陣内家だった。
そんな場所で、健二はひょんなことから、インターネット上の仮想世界OZの異変にまきこまれ、陣内家の面々と共に、ネット上の敵と立ち向かう。
現実世界を守るために……。

てな感じなのですが、そうですね、ただ単純に面白かったです。

なによりも、個性豊かな陣内家の面々が楽しかったですね。
私も大家族っていうか、実家が親戚の多い家だったので、「あるあるこういうの!」って思わず頷きながら見ていました。
後、やっぱり細田監督の出世作(といっていいかな?)の「ぼくらのウォーゲーム」を彷彿させる場面があって、みていて思わずニヤリとなりました。

こうして当たり前のようにネットを利用していると、「ぼくらのウォーゲーム」の時も、「いつかこんなことが現実にあり得るかもしれない」と思いましたが、今回は「ウォーゲーム」の時よりも、もっとリアルに「あり得るかもしれない」危機を感じましたね。

出来ればもう一度観にいきたいなと思います。

後、まったく個人的な意見ですけど、栄さん(陣内家当主、夏希の曾祖母)役の富司純子さん。
キャラクターのイメージに比べて、声が若いように思われたんですよね。
でもまあ、最近のタレントさんが吹き替える映画は、そのキャラクターを演じるのではなく、そのタレントさんが誰か判るように演じるのが当たり前のようになっているので、致し方ないかもなぁとは思いましたけれどね。
だから佳主馬の声も、女の子にしか聞こえないのかと。
栄さん役、個人的なイメージからいうと、もうお亡くなりになってしまいましたが、初井言榮さんのほうがまだイメージに合うかなって思いました。

それから、やっぱりちょっと思ってしまったのが、こういうノリでぜひ「ハウル」を細田監督に作っていただきたかったなと……。
いや、宮崎ハウルもあれはあれで良いとは思いますよ?
でも、原作ファンとしてはやっぱりあり得ない夢をついついみてしまったりなんかしちゃいます……。


でもってこっからは余談ですが、今回私が観にいったシネコンではパンフレットが売り切れだったんですよね。
でも、物語の細部がもっと知りたい私は、ついついこれを買ってしまいましたよ。



でも、amazonをみてたらこっちのほうがよかったかなぁとも思ったり



で、ついでにこれも欲しくなったり(笑)



時かけのときはそこまで食指が動かなかったんですけどね。
やっぱり今回はツボに嵌ったって事なんでしょうかねぇ?

posted by しき at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | こんな映画みました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テイルモンは、かめおかさん。の場所は監督したかもー。
Posted by BlogPetのテイルモン at 2009年08月29日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。